Indonesia岩下珈琲が
求め続けるコーヒー

インドネシアのコーヒー豆だけに特化

実はコーヒー大国!
インドネシアのコーヒーの神秘を知れば
きっと、コーヒー観が変わる

日本では、インドネシア=コーヒーのイメージをお持ちの方は少ないかも知れません。しかし、実はコーヒー生産量が世界第3位という『コーヒー王国』なのです。

前職時代、インドネシアに駐在経験から、色んな文化や 生活、自然に親しんできました。その中で美味しいコーヒーに出会い、それが衝撃的でした。
「コーヒーってこんなにも美味しかったのか!」
それからコーヒーへの興味が湧き、現場、現物、現実でコーヒーへの取り組みが始まりました。

コーヒーは自然食品なので「食の安全」が最優先と考え、生産者から、品質管理、輸送、販売まで一貫したルートの確立を行いました。生産者が判るコーヒー豆です。
毎年、インドネシアの島々の農園に出向き、収穫された農園、生産された生豆を確認して、公正価格にて購入しています。

インドネシアの中でも、秘境のような地方や山奥の、小さな農園で丁寧に栽培されている特別なコーヒー園。
そこで生まれているのは、まだ誰も知らない、特別なクオリティのコーヒー豆。
この足で探して発掘し、直接買い付けで皆様にお届けします。

Indonesia

トレーサビリティ

生産から流通、販売まで一貫した経路を確立

毎年、同じ農園から豆を購入することで、安心、安全が保障されます。

こだわり

徹底した生産工程管理

徹底した生産工程管理

岩下珈琲は毎年インドネシアの農園へ行くことで、同じ農園から品質管理された新豆を買い付けています。それは昨年も今年も来年も、同じ品質の豆なのです。現場、現物、現実を確かめて、自信を持って販売しています。

現地でハンドピックによる豆の選別

コーヒーは、少しの異物や劣化豆が混入するだけでも雑味が出てしまうもの。
より高いクオリティを保つために、ハンドピックによる豆の選別を徹底しています。
各農園で行うのはもちろん、現地で豆をとりまとめて脱穀を行う契約工場においても丁寧に選別。
異物や虫食い・割れ・腐れ豆を取り除き、さらにグレードの高い豆だけを選び取っています。
手間暇をかけて、スペシャルティに相応しい豆のみを仕入れています。

現地でハンドピックによる豆の選別
ニュークロップ(新豆)のみを販売

ニュークロップ(新豆)のみを販売

コーヒーの美味しさにおいて、収穫したての豆に勝るものはありません。
そのため、当社では収穫1年以内の「ニュークロップ」のみを入荷・販売しています。直接買い付けだからこそのシンプルな輸入ルートなので、最短で収穫後3ヵ月後には新豆が店頭に並びます。さらに、保管中もなるべく酸化・劣化を防ぐために、岩下珈琲専用の大型専用冷蔵庫で保管・管理しています。ちなみに、赤道直下の国であるインドネシアは、赤道以南か以北かによって、コーヒー豆の収穫時期が異なります。そのため、年間を通して新豆を入荷しています。

Kopi Luwak

ルワック・コーヒー

インドネシアスマトラ島北部ではジャコー猫が熟れたコーヒー豆を好んで食べる習性があり、体内で発酵されて糞となって排出されます。その糞から採れる豆がルワック・コーヒーです。自然界で地元の人々が拾い集め、仲買人に売って現金収入にしています。

一農園で収穫量が年間200kg~300kgと非常に少なく、大変希少価値が高いコーヒー豆です。味は、バランスが取れ、コクもまろやかで後味がスッキリします。混じりなしの100%オリジナルのルワック・コーヒー豆です。

試飲システムについてTasting Service

ご購入希望の豆1点毎に、試飲ができます。(1杯=¥200)
ただし、100g以上ご購入いただいた場合、試飲は無料となります。

試飲システム
上に戻る