Now Loading...

ルワック・コーヒーを今年も買い付けました。

オーナーブログ

6月2日 
ルワック・コーヒーを求めて
バンドンのホテルを9時に出発、一路ルワアックコーヒーをやっている知人宅を目指す。
IMG_7004.jpg

バンドンの街を過ぎ、山道へ入った。突然の渋滞?
何と、市場が開催されていた。ほんの50MMを通過するのみ1時間である。車やバイクは、われ先にと、突っ込み
ニッチも、サッチモ、、デアル。こんな時は、雰囲気を楽しむのが一番である。ここは、インドネシアである。
IMG_7008.jpg
何とか通過し、山を目指す。
IMG_7080.jpg
IMG_7092.jpg
懐かしい光景が見えてきた。また来たぞ!(ここは4回目!)
IMG_7095.jpg
ここは、標高1480MM。寒い!。
私の友人のお父さんの家へ、、、。道を忘れた???、、。結局途中まで迎えに来てもらうことになった。
自宅まで先導され、分かれ道で間違ったことに気が付いた。
私の友人のお父さんだ。山籠もりして、ジャコウネコを飼育し、ルワックをつくっている。
IMG_7033.jpg
彼は、すべて手作業である。年間200KG程度の収穫らしい。
これからしても、大変貴重であることが分かる。
他の生豆は扱っておらず、混ぜたりすることも無い。
脱穀は、手作業である。
IMG_7066.jpg
パーチメントをやすりみたいな道具で剥いていく。こうすることで、豆の表面についている、シルバースキンが付いた状態となる。これを天日で乾燥させ、納品してもらっている。
これは、味も良いが、他の豆(ルワックでない豆)を混ぜると外観でわかるようにもなっている。

ここは、100%オリジナルで、混ぜていないのである。
これがジャコウ猫である!!!!大型犬ほどの体格で、雑食である。
全身、黒くて硬い毛に覆われている。薄気味悪い動物である。
これが数頭いる。
これに赤く売れたコーヒーの実とバナナを食べさせている。その糞を頂いているのである。
もちろん、農薬とは、無縁のようである。
IMG_7044.jpg
IMG_7055.jpg
IMG_7035.jpg
彼は、インドネシア国内でルワックの価格が高騰していることをしきりに話してきた。
しかし、こちらは、円安の話で応酬である。
結局、昨年より、若干安くはなったが、全購入金額的には、大きいのである。うーーん。考え込み、最終回答は、後日とした。
岩下珈琲へ入荷した「バンドン・ルワック・コーヒー 」です。
専用の麻袋で、入ってきます。だから,混じったり、間違ったりしません。
岩下珈琲のルワック・コーヒーは、オリジナルです。
まじりっけ無し!。100%ピュア―です。
まろやかで、バランスが良い仕上がりになっています。

IMG_9502加工後
IMG_9500加工後
遅くならないうちにここをスタートしなければならないのである。子もまま、ジャカルタまで一気に戻るのである。明日は、早朝の飛行機で次の訪問地MEDANへ飛ばなければならないのである。
IMG_7080_20130625234218.jpg
しかし、腹が減ってはなんとやら、、、途中で昼飯!ナシゴレンスペシャルとブントックスープを食べる。うまい!
IMG_7014.jpg
IMG_7072.jpg
IMG_7074.jpg
IMG_7101.jpg
街に近くなり渋滞が始まった。
IMG_7099.jpg
このまま、高速道路を走り、ジャカルタのホテルを目指す。約8時間走り続け、やっとホテルに到着。
明日は、4時起床のため、寝る、、。
続く、、。