Now Loading...

森の中の農園で育てられた
無農薬の安全な生豆

岩下珈琲は、インドネシアの農園に出向き、無農薬の生豆を買い付けています。インドネシアのコーヒー農園は小規模農園が多く、山奥の森林地帯で栽培されています。数メートルの大きな木々が、コーヒーの木に木陰をつくり、枯葉や木の実が腐葉土となり、有機栽培の環境を自然に作っています。
そこには、化学肥料や農薬は無用なのです。

インドネシアコーヒーと
一般的なコーヒーの農園比較

無農薬のコーヒー農園 主にインドネシア

農園の多くは、標高1400M程の山の傾斜面にあり寒暖の差が大きく、降雨量に恵まれ
腐葉土などの土壌があり、農薬などを使用せず
美味しいコーヒーの条件を満たしている。

➡︎自然林を利用して栽培

一般的なコーヒー農園 南米・アフリカなど

生産量を上げるために農薬、
化学肥料を使用した利益優先の栽培である。

➡生産性を優先した栽培

岩下珈琲の豆は、 新鮮・安全・安心

インドネシアの山奥の静かな森林地帯。そこで、コーヒー豆が栽培されています。
1日の寒暖の差が大きく、年間を通じて、降雨量も多く、そして、豊富な腐葉土に覆われた豊かな土壌。
ここでは、コーヒー栽培に、農薬や肥料を一切使用していないのです。

芳醇なコーヒー豆を自信を持ってご提供しています。

/ drip pack ※ドリップパックは2セット以上からのご購入をお願い致します。(一部商品を除く)

一覧を見る