Now Loading...

岩下珈琲の豆は新鮮です。

オーナーブログ

岩下珈琲の豆は、新豆(ニュークロップ)です。収穫されて1年以内の豆を買い付けてきています。今年も9月末にニュークロップが入荷します。ニュークロップは、水分が多いのです。専用の麻袋でインドネシアから納入されます。水分が多い為、生豆は、灰色を帯びています。これは、コーヒー豆の水分測定器です。13,7%の水分量を示しています。通常は、これ以下で、年数経過や、管理状態が悪いと、水分は少なく、豆の色は鮮やかなグリーンから白色、黄色見を帯びてきます。やがて、茶色っぽくなります。ニュークロップは、香が強く、豆... 詳しく読む

ポイントカード 始めました。

オーナーブログ

8月20日より、岩下珈琲では、ポンとカードを始めました。到達ポイント毎に豪華なプレゼント実施。よろしくお願いいたします。お客様が、100gお買い上げ毎に、1枚のシールを張ります。(テントウムシです)●5枚=お好きなドリップパック3個。●10枚=お好きな珈琲100g●15枚=ドリップパック10個。●20枚=素敵なコーヒーカップをプレゼント。(但し、ルワックコーヒーを除く)今まで通り、岩下珈琲をよろしくお願いいたします。 詳しく読む

ジャカルタでの予備日

オーナーブログ

6月17日今日は、以前仕事でジャカルタに住んでいた時、お世話になったお手伝いさんの自宅へ訪ねて行くことにした。昨年ジャカルタへ来たときには、日程的に余裕がなく、会えなかった。今回は、事前に余裕を持たせたスケジュールのため、行くことが出来た。私の携帯のSMSで送られてきた彼女の住所をタクシー運転手に見せて何とか行くことが出来た。子供さんも生まれ、子育てに専念しているそうだ。旦那さんは、ホテルのエンジニアだ。彼女たちの結婚式に招待され出席した記憶が蘇る。彼女は、私のところで働いているときから、週一の... 詳しく読む

2013年インドネシア買い付け紀行

オーナーブログ

6月16日スラウェシ島からジャカルタへ戻る。計画より1日延長でのジャカルタへの戻りである。これで2013年の岩下珈琲生豆買い付けは完了した。今回、新たに2品種を追加することが出来た。①ガヨ・ハイランド②タトラ・サパン(岩下珈琲が命名)4島10種類の豆を買い付けることが出来た。●ガヨ・ハイランドはスマトラ島のアチェ州の山麓で収穫された豆である。カッピングで、印象深い豆であった。香味が口全体に広がり、余韻が残る豆であった。●タトラ・サパン(TATORA/SAPAN)はスラウェシ島タナ・トラジャのサパ... 詳しく読む

トラジャの市場を訪ねて

オーナーブログ

6月14日コーヒー生豆が取引される市場へ行くことにした。ホテルを早朝に出発。車で約3時間ほどでローカルの市場についた。開催日が決まっていて、今日は、この市場、明日はこの市場と常にあちこちで開先されているようである。もちろん、何でもある。車はタナ・トラジャの街を抜け、山麓にある市場を目指す。田舎町でも携帯電話のお店はたくさんある。選挙を控えての宣伝合戦をあちこちで見かける。必ず出くわす、難所である。ここでも面白い商売がやられているのである。片側通行しかできないため、交通整理のお兄ちゃんがいる。「お... 詳しく読む

トラジャ豆との出会い

オーナーブログ

6月14日思わぬ出会いがあった。ある人が仲買人を紹介してくれたのである。2012年にも彼には打診をしていた。今回、「あの日本人がまた来た。あいつはトラジャ豆を買いたいと行っていたやつだ。」であろう。その仲買人と話をしたら、私が探し求めていた仲買人である。やっと会えた!と気分は高揚するばかりである。夜中であるが、早速かれの工場へ行った。うーん。理想とはかなり違っていたが、、。明日、彼と再度逢い、コーヒーの農園へ行くこととした。車の段取りである。もちろんレンタカーのドライバーは場所を聞いて、「お断り... 詳しく読む

6月13日 トラジャを求めて3度目の挑戦

オーナーブログ

6月13日幻のコーヒー「トラジャ」を求めてインドネシアスラウェシ島のTANA/TORAJA地区に入りました。今回で3度目の訪問です。なぜならば、インドネシアでコーヒーと言えば、「トラジャ」です。若いときに飲んだあのKEY コーヒーさんの「トアルコ・トラジャ」が美味しくて、忘れられませんでした。仕事で、インドネシアに赴任することになり、ことさら「トラジャ」が気になりました。縁は不思議なもので、私のドライバーの実家の近くにトラジャ豆があるとのこと。すぐに生豆を入手してもらいました。それが、インドネシ... 詳しく読む

岩下珈琲 TV コマーシャル

ニュースリリース

岩下珈琲では、7月末より約2週間、KKT にてコマーシャルを放映しております。こんなイメージのコマーシャルです。既にご覧になられた方がいらっしゃると思います。お客様や、知り合いの方から、「コマーシャル見ましたよ。」とお声をかけて頂いております。このコマーシャルを通じて、岩下珈琲の「こだわり」が皆様に少しでも伝わればと思います。インドネシアのコーヒー産地へ何度も出向き、標高の高いところでできる「美味しいコーヒー」を探し求めて来ました。写真に一緒に写っている彼は、インドネシアでの良き、アドバイザーで... 詳しく読む

焙煎機の移転

オーナーブログ

岩下珈琲では焙煎機は、<フジローヤル5kg半熱風式>+<ノン・スモークフィルター>仕様を使っています。焙煎は、投入温度、ガス圧、温度の上昇タイミング、取り出し[止め]のタイミングなど豆ごとに設定しています。連続焙煎や、排気の流れ具合で、香味に大きく作用されます。時々、失敗します。試飲して、えぐみ、異常な苦み、等を感じたら、迷わず廃却しています。失敗の原因は、ノン・スモークフィルターの影響です。フィルターの流量である日突然機嫌が悪くなります。その度に2次空気ダンパー調整やら、吸煙粉を交換したりと、... 詳しく読む